PR

シャネルやエルメスなどのブランド物はお店に持っていって査定金額を比べるべき

   
シャネルやエルメスのバッグを買取店に持っていったことがあります。
あれは、中野でした。
 
商店街に買取店がたくさんです。
だから、片っ端から査定してもらって比べました。
 
そうしたら、3万円くらい差額がありました。
 
 
他のお店の話ですが、時計の査定をした時に5万円の差があったことがあります。
しかも、それは同じお店での話です。査定員が変わるとそんなこともあります。
そんなことがあっていいのかって思いますけど、あるんです。 
 
その時は、腕時計のベルトの部分も評価してくれた場合とそうではない場合の差です。  
  
  
そんな風にまったく違う場合もあるので、要注意です。 
  
  
今は写真で査定もできるお店が多いから何店舗かに送るのはいいと思います。
たぶん数万円の差がつきます。 
 
あと、実際にものを見ているわけではないので、弱気の査定にはなっていそうです。 
 
そうやって査定してもらって、どれくらいで売れるのかを知っておくのは高く売るのに大事なことです。
 
それができていれば、安すぎる金額を提示されても断ることができます。 
  
 
何かを売って1万円もらえたらうれしい感じがしますが、相場は5万円かもしれません。
そういった違和感に気付ける知識は大事です。 
 
今後何かを売る時にずっと役立つ知識です。
高く売る力というものもあって、それは経験値をつけないと高まりません。

服を売るのが面倒なら捨てればいい