PR

定価10万円以上のブランドものを売る時は他の買取店と比べるべき!

  
安いものは適当に売っていいと思います。
例えば、定価が1万円だったもの。 
 
未使用の状態でも買取金額は3000円〜5000円くらいだと思います。 
 
使っていたら高くて1000円です。
ブランドの強さにもよりますね。 

500円くらいついたらいい方かなと思います。
だからそれが100円だったとしても、たとえ0円だったとしても、そんなに大差はありません。  
 
損したとしても500円〜1000円です。 
 
 
でも、これが買取金額が1万円を超えるものだと話が変わってきます。
だって、1万5000円で買取るところがありそうです。 
 
あと、自分で売ると5万円になったりする場合もあります。 
 
僕がブランディアにヴィトンのバッグを出したのですが、確か買取金額が2万円くらいでした。 
 
安いと思ったので返却してもらいました。
それを自分でメルカリに出したら6万円で売れました。 
 
 
ブランドものなので、リスクは大きいです。
クレームを付けて、偽物とすり替えて返却するって話を聞いたことがあります。 
 
あと、本物だと思っていたら偽物だと言うこともあります。
そう言われてしまったら買ってくれた人を疑うことになります。 
 

ヴィトンやシャネル・エルメス・グッチなどのブランドものは偽物も多いです。
 
高価なものになるとリスクも大きいです。  

だから、なるべくなら買取店に売ってしまった方がいいとは思います。
 
 
ただある程度の相場は知っておいた方がいいです。 
 
  
買取店に見てもらってからブランディアに送った方が損をしなくていいと思います。 
 
あと、買取店でも査定員によって全く値段が変わってくることがあります。 
 
ちょっと面倒ではありますが、1万円以上変わることはよくあることなので、慎重に売った方がいいです。

服を売るのが面倒なら捨てればいい